Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  超現行 >  往復葉書、正規のものが発売される

往復葉書、正規のものが発売される

内国郵便約款第21条5項で「表面上部中央に『郵便往復はがき』と表示する」と定められているのに対して『郵便はがき』と表示された製品が2017年5月15日から販売されていることを日本郵便株式会社が 5 月 19 日 に発表しました。その折には、約款違反であるものの当面の間、販売を継続し、準備が整い次第、約款に則った製品の販売を開始する方向である旨が発表されました。

その製品については今週からお目見えしているようで、私も本日入手いたしました。

20170616_01.jpg

新旧両方とも完封で買ってみましたが、封緘日付を見ると、旧が3.17、新が5.29ですね。
新しい葉書については、事態がわかりすぐに発注し製造が行われたと推測できる日付です。

20170616_02.jpg20170616_04.jpg

完封袋全体のイメージも全然違います。
100枚あっても仕方ないのですが、完封袋が欲しいので、両方とも買ってみました。
細部はこれからみてみます。

20170616_03.jpg

郵便局員の説明によると、この新しい葉書は、原則として古い葉書が全部売れてから販売開始することになっているそうです。郵便事業の収支が悪化している中での料金値上げですし、2015 年に買収した豪物流会社トール・ホールディングスをめぐる巨額損失計上直後のタイミングということもあり、上場企業として損失を削減するために、約款を守ることに重きを置かず、実利をとる判断が優先されました。

ところで、新しい往復葉書、あと90枚ほど残ってます。
超現行をやっている方が誰なのかいまいちわからないので、思いつきで何人かにお送りしましたが、『私も欲しい!』というお友達がいらしたらご連絡いただければ、初期使用のうちに、お送り致します。(お友達にお伝えしている個人宛て電子メールでご連絡ください)

 
関連記事
[ 2017年06月16日 12:33 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索