FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  富士鹿・風景 >  風景2銭50枚貼り 英国宛て航空書状 昭和10年

風景2銭50枚貼り 英国宛て航空書状 昭和10年

風景切手の大先輩からお譲りいただいたカバーです。

風景2銭は大好きな切手なのですが、ここまでの多数はりは持っていなかったので、大変嬉しく思っています。往時の航空書状料金は計算が難しく、本使用例もちょっとわからないところが多いのです。例えば英国宛て航空書状の夏季料金は20gごとに60銭なのですが、それだけでは料金が合いませんし、HSINKING(新京=長春)の欧文櫛型印(紫)も気になります。このあたりの計算は日専の後ろにある料金表だけでやると失敗するので、事例の掲載されたハンドブックも合わせて読み解いて見たいと思います。

いずれにせよ、このマテリアルの展示は、フレーム数の制限が5のうちは難しいと思います。私の「富士鹿・風景」は海外で8フレームで展示したいと考えていますので、その時までに解明できればと思います。

2017年08月08日13時45分52秒_002
2017年08月08日13時45分52秒_003


1926 2 Sen DIE II, 50 times franked with nenuple 6 Sen and a vertilcal pair of 1 Yen tied by c.d.s.
OSAKA-NISHI to London via HSINKING, 10.7.5 ( 1935 )
3 Yen 54 Sen franked for airmail letter to England of the weight between 45g and 60g,
10 + 6 x2 for triple weight surface letter (40-60g),
35 x4 for airmail fee between Japan and Manchuria of 45-60g
and 60 x3 for airmail fee to England of 40-60g.


関連記事
[ 2017年08月20日 13:45 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(2)
見慣れた
風景2銭も大群になって使われると見応えあり新鮮です。しかも航空便!改めて基礎に帰り図案の美しさを認識した次第です!
[ 2017/08/21 13:51 ] [ 編集 ]
高崎くん、ありがとうございます。
僕は2銭富士山は一番好きな切手かもしれません。この切手だったからこそ、日本の通常切手を集めようと思ったんだよなーと思い出しました。
[ 2017/08/21 17:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索