Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  マライ >  三井物産株式会社、ペナン出張所とラングーン出張所間の書状

三井物産株式会社、ペナン出張所とラングーン出張所間の書状

以前、南方占領地マライのスマトラ宛て使用例をインドネシアで入手したことを書きましたが、今度はビルマ宛てを入手できました。

三井物産(株)ペナン出張所からビルマ(現ミャンマー)の三井物産(株)ラングーン(現ヤンゴン)出張所への書状で、三井物産の封筒や宛名印、担当者の三文判なども押されていて、望ましい状態の書状です。左上の IN NIPPON-GOがよくわかりません。郵趣界の物産なみなさん、どうぞ教えてくださいませ!!

これだけ良いカバーなのですが、消印が郵便貯金百万ドル突破記念の宣伝消印で押捺されており、なんの説明もせずに競争展に出すと、フィラテリックカバーだと勘違いされてしまいます。まぁ、だからこそ安く掘り出せたのですが。笑。

占領地マライでは、占領軍による行政の宣伝目的で、ある一定期間、全ての郵便物に、このような宣伝消印が押捺されていたことが知られており、この見た目にもかかわらず、本書状はフィラテリックカバーではないのです。

2017年08月28日23時05分47秒_011
2017年08月28日23時05分47秒_012


1943 8 C tied by purple promotion cancellation of "A million dollar breakthrough in the postal saving".
PENANG to Rangoon, Burma 9 1 1943, though it was sent on 6th of September.
8 C correctly paid for letter, which was applied to mails to Malaya, Japan and the other occupying areas.


(10.8追記)コメント欄で個別にご指摘を頂戴しましたが、これは、『in Japanese』つまり『日本語で』という意味だとのことです。全く気付きませんでしたが、確かにそうですね。ご指摘ありがとうございました。


関連記事
[ 2017年10月07日 22:32 ] カテゴリ:マライ | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/07 23:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索