Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  今日は裏面です

今日は裏面です


2017年10月27日14時01分31秒


絵葉書は、競争切手展におけるフィラテリーの題材からは遠い存在ですが、地理好きの僕としては、地図や都市の風景写真を描いたもので自分のセンスに合うものがあれば、適宜購入しています。

このマテリアルもヤフオクで見つけたもの。ちょうど僕が収集しているクラシック欧州の様子をよく表した地図で、漢字による国名がおしゃれです。ユトランド半島の状態を見るにつけ、第二次シュレスヴィヒ戦争以降第一次世界大戦前の状態ですね。バルカン南部の歴史を辿ればもっと年代の特定が可能かもしれません。

これを見るとヨーロッパ人にとって、北アフリカは非常に身近な存在なのだなということが感じられます。少なくとも中欧からすると、ロシアもアフリカも同じくらいの遠さなのでしょう。アフリカ切手展を毎年やることは無理かもしれませんが、ヨーロッパ切手展の題材の一つとして、将来考えても良いかもしれないなと感じた次第です。以下はおもて面。郵送されたものではないようです。

2017年10月27日14時01分40秒
関連記事
[ 2017年10月28日 10:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)
国名表記
私は守備範囲の関係上、漢字で書かれた国名によく接しているのであまり違和感はないのですが、初めて見る人はどのように感じるのでしょうかね。「オーストリア=ハンガリー」なんて漢字で書くと想像もつかない表記だと思います(オーストリアはわかりますよね)。
ちなみに、私も第一次世界大戦前と思います。

[ 2017/10/28 21:15 ] [ 編集 ]
孫文さんコメントありがとうございます
初めて見る人には素直に新鮮に映ると思いますよ。漢字による西洋語の表現は、感心させられるものが多いですね。誰がどうやって決めているんだろう・・・って思うんじゃないでしょうか!
[ 2017/10/29 08:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索