Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  下練馬の不統一印

下練馬の不統一印

20171027_001.jpg可愛い姪が出産したこともあり、先日実家の練馬北町に行ってきました。

練馬区北東部にある同町の東西を旧川越街道が貫いています。小学生の頃は「新じゃなくて、旧なんだよな。まぁだから今は商店街になってるのか」などと思っていました。

そんな旧街道沿いにある練馬北町郵便局が私が最初に切手を買った郵便局です。先日の日本の記念特殊切手コレクション展でも一部を展示させていただきました。

ちなみに悪乗りして展示させていただいた一枚がこちら。
スクリーンショット 2017-10-27 202352全くデータが見えないのですが、明らかにこれは発行初日に小4の私が二枚買い求めたうちの一枚でCTOにしたものです。2019年のMonacophilにはこれを出品しようと思います。

この郵便局には、その後中学生、高校生になっても通い、私はカラーマークやエコー葉書や記念切手をたくさん買っていたのですが、大学生になって体育会の活動が忙しくなった頃から、郵趣からはどんどんと離れて行ってしまいました。


十年前の8月に切手収集を突如再開してからは、ゼネラルコレクターにパラダイムシフトした上で、その中でも気に入った欧州の切手を展覧会に出したりして楽しんでいましたので、日本のフィラテリーに向き合うのは、雑誌の発行をして、少しは日本切手のことも勉強しといた方がいいかなぁ、程度でした。

そのようなわけで、下記の事実を知ったのもつい昨年のことだったと思います。
・練馬区東部のフィラテリーのスタート時点においては、旧川越街道沿いの下練馬郵便局が集配を担っていた。
・当該事務はその後、変遷を経て、現在の練馬郵便局に引き継がれる。
・が、下練馬郵便局自体は、局名変更を重ねて現在に残る。
・今の名前は練馬北町郵便局である。

これは相当、自分にとってショッキングな信じられない、誇らしい事実でした。
小学生の頃に、「旧」川越街道だからなー、と自嘲気味に感じていた旧道沿いという事が、逆に言えば、明治初期の郵便路線と局に繋がった訳ですから、何十年ぶりかに地元を誇らしく感じたものです。

その前後から地元印の収集を始めました。RDPの佐藤浩一さんから『地元印を集めるのは収集家のエチケットですよ』と言われ、素直な私は練馬を集め始めることにしました。まず最初に相談したのはエージェントスタンプの渡会さん。だって練馬区民ですから。渡会さんは、長らく収集していた練馬の消印を全て僕に譲ってくれました。ただし、練馬区の西半分は渡会さんが依然として集めるという条件で!

ちなみに練馬区にはある時点で4つの普通局がありました。176 練馬、177石神井、178練馬大泉、179光が丘です。しかしながら僕が子供の頃は、176練馬と177石神井で東西を分けていました。ちなみに練馬大泉は元石神井局管轄の一部で、光が丘は元練馬局の一部です。

さて渡会コレクションを継承し、育てていく中で、数点の二重丸印「下練馬」を入手できました。文献によれば、これは記録される最初の消印なので、よかったと言えばよかったのですが、正直コレクションを作る上で、これでは全く面白みがないなぁ、と感じていたところ、今年の2月頃に、いずみ切手研究会の近辻会長から下練馬の不統一印について情報をいただきました。入手に半年ほどかかりましたが、秋になってようやく入手が叶いましたので、ご紹介できます。

2017年10月27日14時01分00秒

このカバーはひらきなで、左に宛先人が書かれており、右には差出人名と共に切手が貼り付けられています。右側の上部の一部は左側の裏についているため、そこの解析を今後行わなければならないのですが、右側真ん中に「下練馬郡」の文字がはっきりと読み取れます。それ以外の部分は正直解読できていませんが、右側下部に見える長方形枠印「郵便???」がおそらく、下練馬郵便局の不統一印ではないかと思われます。近辻会長の見解も同様でした。

本当は、切手のすぐ下に見える赤枠が不統一印だったら派手で人気も出そうなものですが、おそらくこれは私印ではないかと考えています。このカバーは、今後宛名人と差出人の解析まで行って、当時をあぶり出したいと思います。


1872 1 Sen, a vertical pair tied by double ring c.d.s.
TOKYO to MIyazu, Tango, via Saikyo, Meiji 7.3.10 (1874)
2 Sen correctly paid for internal letter between 1873.4.1 and 1899.3.31

関連記事
[ 2017年10月30日 07:17 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)
右側下部の長方形枠印「郵便???」は練馬「郵便取扱所」の局所印?

受取人が、丹後国宮津一宮籠神社(このじんじゃ)正?内 鳳子保〇殿
差出人が、鳳子保〇ですから、神社関係者又は土地の有力者で、かなり詳細まで
解明できるのでは?
西京印の左と右側下部の長方形枠印の右の字は別人(受取人)の覚え書きのようですね。

赤枠印も練馬○○でしょうし、調べる愉しみが多そうですね。
[ 2017/10/30 21:53 ] [ 編集 ]
鳳子→鳳予?
[ 2017/10/30 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索