Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  [速報] 国際切手展 BRASÍLIA2017において、 Stampedia Philatelic Journal が、 国際展 雑誌部門 史上最高の金賞[90pt]を獲得しました

[速報] 国際切手展 BRASÍLIA2017において、 Stampedia Philatelic Journal が、 国際展 雑誌部門 史上最高の金賞[90pt]を獲得しました

PJ2017.jpg10/24-29にブラジリア市で開催されている、国際切手展ブラジリア2017の文献部門に出品されていた、弊社のフラグシップマガジン「Stampedia Philatelic Journal (スタンペディア・フィラテリック・ジャーナル)」は、米国より出版されている Rossica Society´s Journal: Rossica と並び、90pt.を獲得し、金賞に輝きました。

当誌がこれまでに獲得した最高点は、米国で昨年開催された国際切手展 WSS New York 2016 の88pt+SP(大金銀賞)でした。クリティークでは「この評価は、雑誌として過去二番目に高い評価で、歴史上、郵趣雑誌部門でこの上の評価をとったのはLondon Philatelistしかないので、これ以上は期待しないように」というフィードバックをいただきました。

このような理解で出品したわけですので、賞が上がることなどは1mmも期待していませんでした。
フロックでも良いので、この金賞をスタッフと共に喜びたいと思います。

また、本雑誌がこのように高いご評価をいただけるに至った最大のポイントは、多くのトップフィラテリストの皆様による素晴らしい記事を掲載できたことにつきます。その点では、この金賞受賞は、当社のゴールドというよりも、むしろご寄稿くださった皆様のゴールドと言えると思います。改めて御礼申し上げるとともに、今後とも素晴らしい記事を掲載することを通じて、日本のフィラテリーを世界に積極的に発信していくフィラテリストの皆様と共にありたいと思います。

無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
代表取締役社長  吉 田  敬


*なおこれ以外のブラジル展の結果については、NPO法人郵趣振興協会のサイトでご覧頂けます。


(追記 10/30)昨日印刷所より2017年号(画像)が1,000部納品されました。ご執筆者、広告主のみなさま、ご予約者、販売者様への発送を本日より行います。
関連記事
[ 2017年10月28日 15:55 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)
祝!
Rissicaは英国のBSRPと並ぶロシア切手収集団体ですので、同じ金賞でも専門誌と一般誌の違いがあり、London Philatelistと賞の上で並んだこと、誠におめでとうございます。
[ 2017/10/28 23:42 ] [ 編集 ]
cpsjさん、情報ありがとうございます。
Rossicaは読んだことがなかったので、どんな雑誌なんだろうと思っていました。確かにすタンペディアフィラテリックジャーナルは、テーマを狭く狭めていない一般雑誌ですね。その点でも今回のゴールドは奇跡的な高評価なのだなと改めて感じました。これからも頑張ります。
[ 2017/10/29 08:12 ] [ 編集 ]
おめでとうございます。
Stampedia Philatelic Journal は、他にはない、レベルの高い、廉価で、貴重な郵趣雑誌です。単発ではなく、6年間も定期的に刊行できていることが、評価され、ランクアップしたのではないでしょうか。金賞おめでとうございます。種々、ご苦労があるでしょうが、継続刊行期待します。
[ 2017/10/29 14:09 ] [ 編集 ]
fukabsさんお祝いコメントありがとうございます。
今年で7年目にになります。
毎年1000部(初年度は1500部)作っており、大体500部が在庫になります。価格千円は製造原価割れです!(笑)
もう、この雑誌を作ること自体が趣味なのだ、と割り切っております!
[ 2017/10/30 06:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索