FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  スイス >  耳紙付きチューリッヒ6

耳紙付きチューリッヒ6

ヨーロッパの切手を集めているので、米国のオークションハウスを使うことはあまりないのですが、地域間地域間情報格差の大きいフィラテックオークションの中級品では、時に面白いものが出てくることもあります。スイスクラシックは、世界中の人種から収集価値を認められている切手ですので、アングロサクソンの収集家も多いとは思いますが、それと同じくらい、ドイツ・スイスから移住した収集家も米国には多いことが背景にあります。

20180206_01.jpg

今回のマテリアルはそんな中after-auction-saleで残っていたもので、100USD値引きして購入しました。6ラッペンはリコンストラクションをするくらい集めている切手なのですが残念ながらこれは既に持っているポジション10です。ただ、右マージンがここまで大きい単片はチューリッヒでは珍しく、これがCorinphilaでフィーチャーされたらそれなりのお値段でしょうから、それをunsoldロットの値引きで買えるのでは、やはり定期的な米国オークションハウスのパトロールが必要だということを改めて感じます。(実際にはPhilasearch見ればいいだけですが)

耳紙を見ると、この切手が二色印刷であり、赤い背景線が引かれており、しかもそれは等間隔でないことがよくわかると思います。


1843 ZÜRICH 6 with red vertical background lines, pos.10 with right margin
tied by black ZÜRICH rosette
関連記事
[ 2018年02月12日 06:10 ] カテゴリ:スイス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索