FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  富士鹿・風景 >  富士鹿赤8銭:第2期、神戸の欧文機械印

富士鹿赤8銭:第2期、神戸の欧文機械印

数日前に、1922年シリーズ8銭赤 初期製造分(震災前製造)と欧文機械印の組み合わせの記事を描いた時に見つからなかった、神戸の欧文機械印の単貼り葉書が出てきました。もっとも珍しい初期製造分(震災前製造)ではなく、1924年4月以降に登場した新しい実用版で印刷された第2期(白耳)のものと推測しています。(1925年4月には第3期が出現していてもおかしくないのですが、初月なので可能性は小さいかなと)

神戸の欧文機械印は複数の色を使用しているのですが、紫と赤の切手は綺麗に合いますね。ただ神戸の欧文機械印は磨耗が激しいのでも有名で、この消印も御多分に漏れません。まぁこの時期のType Iで磨耗していない印影があったら、墨入れと疑った方が良いと思うので、ある意味正解なのです。証示部の重要データが完読できるだけ幸運だったと思って入手したものです。

ちなみに8銭赤を台切手にした、東京の欧文機械印は、どの製造時期のものも未確認です。都内の郵便局のそのほかの消印の使用例は見かけるので、あってもおかしくないのですが、やはり欧文機械印は常時使われていなかったのかもしれず、見かけません。


2018年03月26日12時36分46秒

Single frankings of 1922 issue 8 Sen
tied by r.l.m.c. in purple, inverted set of c.d.s.
KOBE to Sachsen / Germany, 12 APR 1925
8 Sen correctly paid for surface post card
The cancellation is classified into r.l.m.c. with 6 wavy lines and JAPAN as an indication of country name,
KOBE type I


参考までに、横浜と長崎を並べます。
2018年03月15日17時28分15秒_002
2018年03月15日17時28分15秒_001
関連記事
[ 2018年03月30日 12:36 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索