FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  スイス >  ZURICH 6の掘り出し

ZURICH 6の掘り出し

スイスクラシックの収集もある段階を超えてから欲しいものがなかなか見つからなくなりました。安く楽しめるプロイセンと違って高価なマテリアルが多いため「とりあえず全部買って後で考えよう」みたいな芸当ができないので、吟味して購入せざるを得ないので、余計それに拍車がかかります。

しかし、昨年くらいから、スイス以外のオークションではどうやら安く掘り出せる事に気付き、丹念に小さなロットも(フィラサーチで)下見しています。そんな中で入手したマテリアルがこれ。

20180612_1.jpeg

一見して汚い消印の使用済みです。ただ4マージンフルでリペアされていない鑑定書付き使用済ですので、Corinphilaで同様のものが出ていたら、消印を考えないとして、800CHFくらいになると思いますが、ドイツの中規模オークション(とはいえ、ジャパンくらいの規模はあるのですが)では360ユーロで売れ残っていたところを拾うことができました。

で私がこれを欲しかった理由は消印が二重押捺になっているのではないかと考えたからです。チューリッヒ郵政における切手の抹消はかなり厳密に抹消印一回で行われたことが分かっています。例外となる「日付印抹消」や「抹消印による二重押捺」「日付印と抹消院による二重押捺」はほとんど存在しません。

ちなみに当該期間に使用された消印の印影は全て判明しているので、このように切手全面に押捺されるものが存在しないことはわかっていました。で買ってみて画像加工した結果がこちら。

20180512_2.jpg

加工した画像解析の結果、二重どころか三重に押されていることがわかりました。三重押捺は、今までみたことがありません。もちろん単片上の抹消印ですから、どこまでありがたがるかは人により様々でしょうが、私は少なくとも「満月印撲滅運動」はしていませんので、この切手は一軍扱いして、将来スイス切手を8フレームで展示できるようになったら、堂々と珍しい消印バラエティとして展示しようと考えております。Rarity statementもつけてもいいかもしれないですね。

先月欧州・イスラエルに3週間ほど滞在した期間にドイツ・スイスで下見をし、彼の地で知り合った人々と話し感じたのですが、スイス切手コレクターはスイス中のオークションハウスを積極的に下見するものの、越境してドイツのオークションを下見することは稀だとわかりました。ハッカメイ、ゴゲール、ゼン、シェーファーと言ったビッグネームも同様だと思うので、米国やドイツにおける中堅以下のマテリアルからの掘り出しは今後も重視していこうと思います。



関連記事
[ 2018年06月18日 15:01 ] カテゴリ:スイス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索