FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手  >  富士鹿・風景 >  富士鹿8銭赤(第1期製造分)発行年4月カバーが5.5万円で落札

富士鹿8銭赤(第1期製造分)発行年4月カバーが5.5万円で落札

第517回 JPSオークション(2018/7/7)のロット44「富士鹿 旧版8銭(187)貼、米国宛はがき、櫛欧 YOKOHAMA 28.4.22、この切手の発行年使用は意外な珍品」の結果を知りました。

最低値4,000円スタート値20,000円 落札値 55,000円(メール)

20180709_1.png

このブログでも何度か取り上げている、富士鹿8銭赤(第1期製造分)の使用例は珍しい件ですが、遂に単貼り葉書で6万越えのものが出てきたので、改めて珍しいんだなぁ、と実感しました。スタート値2万円でもすごいですが、フロアでひときざみまえの5万円まで追っかけた人がいたということですから、複数の人がこの使用例を5万円以上に評価したことになります。

以前、富士鹿赤8銭:第1期(震災前製造分)の発売局は?にて書きましたが、初期発売局は3局しか確認できておらず、長崎(1922.3月)京橋(1922.3月)横浜(1922.5月)だけでした。今回の使用例はこの横浜局の最初期使用例となります。

富士鹿切手を真剣に集めると、お金でなんとでもなる旧版改色や毛紙20銭と異なり、1922年シリーズ8銭赤の第1期製造分がなんともならないことがわかります。競争展伝統郵趣部門では最初のシリーズの充実こそが最重要ですので、この点が収集の難しさと共に収集の奥深さを見せるポイントかなと思います。


関連記事
[ 2018年07月09日 19:23 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索