FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  郵便番号周知切手 1968年15円の試行目打ブロック

郵便番号周知切手 1968年15円の試行目打ブロック

20181030121058-0001.jpg1968年7月1日の郵便番号導入から半世紀を迎える本年7月1日に、我が国のナショナル・ミュージアムである郵政博物館で郵便番号導入50周年展が開催され、伝統郵趣・郵便史の両面から40フレーム弱の作品が展示されたのは記憶に新しいところです。

高校生時代から同切手を収集していた私も5フレーム作品を初めてまとめ展示させていただきましたが、その時に持っていなかった掲題のマテリアルを、昨日と本日の二日間、群馬県の伊香保温泉グランドホテルで開催された鉄郵大会で入手することが叶いました。

グラビア印刷の精度向上に伴い、印刷の品質・効率が著しく向上した昭和40年代の大蔵省印刷局にとって、新たなボトルネックとなったのは、目打穿孔の行程でした。当時主流だった2段ごとに目打穿孔するグラビア輪転機の穿孔ユニットは、印刷の速度よりも遅かったため、独立の目打穿孔機を使用したり(櫛型目打)、凸版改良型2色輪転グラビア印刷機を併用したり(全型目打)することにより、増える切手製造需要に応える一方で、4段の試行目打の使用実験により、目打穿孔方法の改良が追求されました。

この試行は、三色グラビア輪転機で行われ、同機械で製造された切手シートは、2段ではなく4段の目打針で穿孔工程が行われました。このうち郵便番号宣伝切手に関するところでは、1968年は通常の4段であったのに対して、1969年以降は切手収集家に柵型と呼ばれる目打針で穿孔が行われました。

このような理由で、1968年の郵便番号宣伝切手には、7円、15円共に、いわゆる収集家呼称の「正4連1目打」が存在するのですが、何らかの理由で、7円の残存数が多い一方、15円は少なく、私も後者のみ未収でした。今回、群馬県のイベントでようやく入手がかない喜んでおります。




関連記事
[ 2018年10月30日 12:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索