FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  ジャパン12月セールその3

ジャパン12月セールその3

実は今すでにバンコク国際空港の出国待ちなのですが、なんかこの旅行記を楽しみにしてる方が数名いるみたいなので老体に鞭打って頑張って書くことにしました。
まず土曜日のコリンフィラセールですが、八阪神社で、4円の二倍も賽銭に費やしたのに、神様は私に微笑んでくれませんでした。予定値より10000も高い値段まで頑張りましたがあえなく撤退。
イスラエルの人やコロンビアの人が買うことはないから安く買えるかと思いましたが、そんなことはなく、スイス切手の珍品はやはり高く取引されるようで、ある意味資産防衛上は良い投資をしているのでしょうが、やはりがっかりした面は少なくありません。
それ以降のセールも必ずしも順調には行かず、大物に限って大きく競り負けました。最終的には15勝16敗なので、勝率は悪くないのですが、補強はfederalにかたより、ジャパンをやめてお金を貯めた割には大した金額になりませんでした。
とはいえ現在の自分の構成の弱さの内最大のものである少々目立つブランクスペースを埋めるには十分な補強になりました。バンコク展の会場でガートナーから引き取った前回落札物のスイスとあわせると、今年の瑞日の国内展に出品した作品を数十リーフ作り変えられると思いますのでなる早で取り組んで、今後の戦略を決めたいと思います。
それはさておきライブビッドの時間はスイス時間の午前10時つまり日本時間の午後六時開始で、終わった時には午前0時5分。ボード時間まで後5分まで粘ったところで終了し、飛行機に搭乗しました。ライブビッドしながらラウンジの食べ物を摘んでいたため、食も満ちて一気に眠りについてしまい、客室乗務員に起こされた時にはあと30分でバンコク到着という時間でした。フライトが順調すぎてどうやら飛行時間が30分近く短縮されたようです。出国も順調で切手展会場に隣接するケンピンスキーホテルにチェックインしたのは朝7時。シャワージャグジーを浴びてスッキリして、外出の準備をします。
実は今回は短期滞在であるにも関わらず、到着日の日曜日は朝8時から午後3時まで、クラブドモンテカルロのチャオプラヤ川クルーズ旅行が入っています。展覧会の参観を取るか外交を取るか悩んだのですが、10年後の自分の目標を考えると、交流を深めておく人たちが多数参加していますし、またフィラテリーは極めてソーシャルな趣味だの日頃から言っていることもあり、普段めったにしない観光を今回はすることにしました。
集合場所は王宮裏の海軍のクラブハウス。僕は二番目に早く到着しましたが、どんどん人が集まってきます。
ここからボートに乗ってチャオプラヤ川を渡るのですが、なんか特別な博物館に色々連れて行ってもらいました。タイの横長切手に描かれている王族の金色の船も見れました。
タイ海軍に下賜された昔の王宮では、一般観光客の参観禁止エリアも主催者に王族が加わっているため、難なく入ることができました。でもって、有名な寺院、ワットアルンを訪問。インスタ映えする場所らしくて世界中の観光客がスマホで自撮りしていました。僕も一枚撮影。この写真を見て、綺麗な塔だと思わず、キンメルさんだ!アッチソンだ!と思える人はツウです。
この頃になると早朝からろくに食べていない僕はかなり空腹になってきて何度もクラブの輪を離れて、屋台のココナツジュースを買おうかと思いましたが、なんとかランチまで我慢しました。

マセリス会長の挨拶もそこそこに洗練されたタイ料理に舌鼓を打ちます。でもってこの空間が参加者とより仲良くなるための時間です。持参したフィラテリックジャーナル2018をお土産として贈呈し、日本のフィラテリーを世界に発信します。
実は旅行中も色々な方とお話しして、その中には来年以降のフィラジャの御寄稿者候補が何人もできました。この意味からも今回の旅行への参加は大成功でした。
帰りのバスは途中まで青島出身のご夫妻と盛り上がるも気づいたら爆睡。起きたらオフィシャルホテルのアジアホテルでした。もう午後3時です。
関連記事
[ 2018年12月03日 19:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索