FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  1922年シリーズ 8銭 震災前製造分 二次素版 10TypeのアニメーションGIF

1922年シリーズ 8銭 震災前製造分 二次素版 10TypeのアニメーションGIF

富士鹿8銭第1期アニメ軽量先日ご案内した方法は大変好評でしたので、今度は八銭を作ってみました。

外信葉書用額面である八銭切手の需要は、四銭、二十銭にもまして少なかった為、この切手は日本初のプレミアムのついた現行切手となり、1922年に額面以上の金額で取引されていた逸話が残っています。

そして1923年9月の関東大震災で在庫分が焼失してしまった為、震災前製造分は、未使用/使用済みとも大変少なく、富士鹿・風景切手収集の最難関であると言われています。もっともこのことはあまり知られていない為、1929年シリーズ DIE I(改色旧版)八銭や1937年毛紙二十銭に比べるとまだまだ掘り出すことが可能で、私も色々な使用例を探しているところです。

それよりも難しいのは未使用マルチプルで、銘版付き4枚ブロック以上の未使用はみたことがなかったのですが、数年前に70枚ブロック(シートの上7段)を入手しました。銘版部分がない為、1,3,4期のいずれに該当するかは、シェードや罫線をみて判断したのですが、本調査で版の観点からも第1期であることを明治できれば良いなと考えています。

二次素版の調査でもっとも大変なのは、違いの有無の発見ですが、この方法は、アニメを作った後は、そのパラパラ動画をボーっつみてるだけで済むので、これが本当のズボラさんなのです。本方法は画像認識処理などという高度なものではなく、1995年のインターネット業界でネットスケープの新しいバージョンで試せた枯れた技術ですから、是非一般の方が試せるように、フィラテリストマガジン22号で記事を書いてみようかと思っています。

ちなみに今の所次の点が気づきました。(まだマルチプルの実物には当たっていません)
・Typeにより8の字体に明らかな太い細いがある
・Type IVの菊花紋章左上部が白抜けしていない

関連記事
[ 2019年01月11日 14:51 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索