FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  STOCKHOLMIA 2019 のご案内(1)

STOCKHOLMIA 2019 のご案内(1)

私が入会している切手サークルの一つである、Royal Philatelic Society London 英国王立ロンドン郵趣協会は、創設 150 周年記念切手展を、 スウェーデンの首都ストックホルムで5月末から6月にかけて開催します。

詳細はFIP公認切手展と比較してもトップクラスのホームページstockholmia2019.seで閲覧できますし、日本語による情報提供を「スタンペディア 日本版」が機関紙の「フィラテリストマガジン」22号(3.30発行)で案内していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、日本から行く場合の勘所の情報をセレクトしてお伝えしますので、ご出品者、参観予定の方、参観を検討している方はどうぞ参考にしてください。

名称 STOCKHOLMIA 2019
日時 2019年5月29日−6月2日 10時ー18時(但し 6/1 17 時閉場、6/2 15 時閉場)
場所 Waterfront Congress Center(ストックホルム駅前)

Q1.どんな作品が展示されるのですか?(参観者)

英国王室ロイヤルコレクションなどのコートオブオナーもすごいですが、本展覧会の中心である、会員による競争展示については、一部日本語翻訳済みの出品作品一覧を、前出の「フィラテリストマガジン」22号の付録としてつけていますので、ダウンロードしてご利用ください。

Q2.作品の搬入方法についてわからなくなりました。(出品者)

実行委員会は、出品者に対して、懇切丁寧な電子メールを送っていますが、英文手続きに慣れない方もいらっしゃると思います。今回の展覧会における作品搬入方法は、切手コレクション・文献とも、
(1)FEDEXによる納品
(2)自分でビンルームに、5/26もしくは5/27午前までに搬入
(3)コミッショナーに依頼して搬入してもらう
が認められています。

(3)のコミッショナーについては、切手コレクション展示作品出品者で相談し、私が提供することになりました。
多くのの「出品者」に好評だっった、世界切手展 NY2016 と同等水準のコミッショナー(作品の運送委託) サービスを同等金額で提供します。「コミッショナー作品持ち込みについての承諾書」を用意していますので、ご利用される場合はご連絡ください。

Q3. 一番安く行くとどれくらいでしょうか?(参観者)

8万円代が一番安く、中国東方航空経由が多いですが、日本人で好きな方も多い、タイ国際航空経由でも86,000円とお安め(移動時間21時間)です。また中国国際航空で北京経由の便ですと移動時間は16時間と短めです。他の選択肢としてはアエロフロート、スカンジナビア航空、ポーランド航空、トルコ航空などが13万円代以下では見当たります。(いずれも往復航空運賃)

Q4. ついでに欧州旅行したいのですが、どこがお勧めですか?(参観者)

人の好み次第なので、行きたいところに行けばいいと思います。この時期の欧州は、場所によっては暑いと感じるところもあるほどで、寒暖の差にはお気をつけてお楽しみください。なおパートナーと一緒ではなく、フィラテリーに没頭できる一人旅の方の場合は、6月に開催される大きめなオークションハウスの下見会やディーラー巡りをすることをお勧めします。直接アポ無しで訪問も可能ですが、事前に連絡をしたり、紹介を受けて訪問する方がはるかに楽しい思いができるでしょう。


(つづく)
関連記事
[ 2019年03月21日 19:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索