FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  STOCKHOLMIA 2019 のご案内(3)

STOCKHOLMIA 2019 のご案内(3)

私が入会している切手サークルの一つである、Royal Philatelic Society London 英国王立ロンドン郵趣協会は、創設 150 周年記念切手展を、 スウェーデンの首都ストックホルムで5月末から6月にかけて開催します。

詳細はFIP公認切手展と比較しても遜色ない出来のホームページstockholmia2019.seで閲覧できますし、日本語による情報提供を「スタンペディア 日本版」が機関紙の「フィラテリストマガジン」22号(3.30発行)で案内していますので、ご存知の方も多いとは思いますが、日本から行く場合の勘所の情報をセレクトしてお伝えしますので、ご出品者、参観予定の方、参観を検討している方はどうぞ参考にしてください。

名称 STOCKHOLMIA 2019
日時 2019年5月29日−6月2日 10時ー18時(但し 6/1 17 時閉場、6/2 15 時閉場)
場所 Waterfront Congress Center(ストックホルム駅前)
HP stockholmia2019.se

Q9.日本人はなん人くらい参加しますか?(参観者)

公式ホームページで審査員として告知されている、佐藤浩一さん、およびコミッショナーの私以外の方の動向については、プライバシーの関係で本ポストに記載するのはやめますが、現時点で配偶者も含めて7名の参加をお聞きしており、個別メールでフライト情報や現地情報の交換をしています。参加されたい方はご連絡ください。


Q10.パルマレスのようなパーティーはありますか?(出品者)

展覧会公式の晩餐会・授賞式である「ストックホルミア・バンケット」が Vasa Museum で 6/1 19:00より開場(受付)されます。参加費は1850クローネで事前申込が必要です。なおこれ以外に展覧会主催で、5/29 夜に、ストックホルミア2019クラブディナーが開催され、私は参加予定です。
なお、これらのパーティーは出品者以外であっても事前申込が可能です。


Q11.プリペイドSIMはどこで入手できますか?(出品者、参観者)

会場のWaterfront Congress Centreはストックホルム中央駅前にあると以前書きました。この駅にはキオスクなどもあり、そこでプリペイドSIMは販売されています。高いものではありませんので、フリーSIM対応のモバイル端末をお持ちの方は是非お買い求めされることをお勧めします。予約プランにもよりますが、ラディソン ブルー ウォーターフロント ホテル ストックホルムは、WIFIは有料オプションだったと思います。


Q12.入場料はかかりますか?(参観者、出品者)

入場無料だったと思うのですが、HPに記載が見当たりません。また事前登録が必要だった気もします。どなたかご存知の方おられませんか?

関連記事
[ 2019年03月31日 09:37 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
Stockholmia 2019 の入場料について
Stockholmia のHPに入場料の記載があります。RPSL のメンバーは28日以外は無料ですが事前登録が必要です。以下にHPの当該部分をコピーします。出品者は28日も無料です。

Admission Tickets

Exhibition
Day Ticket

Exhibition Pass
(All 5 days)

Vernissage
28 May

Public 100 SEK 250 SEK 500 SEK
Youth ≤ age 18 Free Free 500 SEK
Members RPSL Free Free 500 SEK
STOCKHOLMIA Patrons
and Philatelic Exhibitors Free Free Invited
[ 2019/03/31 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索