FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  改元記念・皇室関係フィラテリー展、無事閉場す。

改元記念・皇室関係フィラテリー展、無事閉場す。

掲題の件について、(特非)郵趣振興協会のホームページにて報告を行いましたが、こちらにもダブルポストします。



4/27から5/6にかけて開催いたしました『改元記念・皇室関係フィラテリー展』ですが、5,000人を超える、ご来場をいただき、十日間の会期ののち、昨日無事閉場いたしました。

その撤去作業を、日が変わり本日朝の開館と同時に行いました。新しい展示方法に要するフレーム数が通常展よりも少なかったことや、予めご出品者の野口喜義さん、横山裕三さん、郵政博物館の冨永さんがご協力をお申し出くださいましたこともあり、小一時間で撤収作業は完了いたしました。皆様に厚く御礼申し上げます。

本展覧会は、郵政博物館のご協力をいただき、郵博 特別切手コレクション展としては最長の十日間の開催を行なうことになり、色々と心配点もございましたが、スカイツリーの館内宣伝が大きく奏功し、多くの一般客にフィラテリーにふれて頂く機会を提供できたのではないかと思います。

また、事前のプレスリリースなども注力したため、いくつかのメディア掲載に繋がり、展示された方の満足度向上につながりました。今後も展覧会の価値を高めるべく、主催展では様々なイノベーションを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。

さて、4月1日から始まった、当協会新年度の初月は、前島密没後 100年記念展と本展覧会の両建てで、非常に忙しい月となりましたが、主催展もしばらくはございません。ようやくひと段落つくことができます。

また主催展以外では、5月に郵便制度史展2019、6月に南方占領地のフィラテリー展が開催予定ですので、フィラテリストの皆様はどうぞ参観予定をご調整くださいませ。(以上)




郵政博物館館で、郵趣振興協会が主催する「郵博 特別切手コレクション展」の展示の狙いは大きく二つのパターンに分かれます。一つは展示をする人たち自身の発表意欲を支援するもので、一定以上の水準の展示をすることができる展示団体を多く招致しているのはこのためですし、当協会が展示団体になる場合でも同様のケースがあります。もう一つは、郵趣振興を目的に、必ずしもディープな郵趣展示を必須としないケースで、当協会が展示団体となる場合にはこのようなケースが複数あります。

一つの展覧会が両方の役割を果たすことも多く、必ずしもデジタルに割り切れる訳でもありませんが、どの展覧会でもリーフに整理された切手コレクションとして展示することが大前提となります。改元や皇室は展開によってはオープンに昇華できるテーマでもありますが、同時に一般人への郵趣の入り口としても大変魅力的なコンテンツであり、今回の展示が揃ったことは本当に出品者のご協力があって初めて実現できたことだと喜んでいます。郵趣振興協会は、今後ともこの活動を通じた郵趣のプロモーションに注力してまいりたいと思います。
関連記事
[ 2019年05月07日 14:42 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索