Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手 >  戦前記念切手を整理してみた。

戦前記念切手を整理してみた。

先日、当社オフィスで、記念特殊切手研究会の会合をやり、そこで同年代の山本さんのコレクションを拝見して刺激を受けたので、今週は戦前記念を再び触ってみました。カバーもないし、切手のコンディションも消印の珍しさも普通で、トップクラスのコレクションとは雲泥の差ではありますが、サブコレクションとしては楽しいものです。

今週は、ミクスチャーや束売りされたものを切手ごとに、ストックリーフに格納しました。公園・年賀切手と制定小型シートを除くと戦前の記念切手は96種類。それを分類した結果を書きます。

  1. 50枚以上でてきた切手:明治銀婚2銭・大正婚儀
  2. 30枚以上でてきた切手:日清戦争勝利(4種とも)・大正大礼低額2種
  3. 15枚以上でてきた切手:明治銀婚5銭・世界大戦平和低額2種・昭和大礼(4種とも)・愛国切手(3種とも)
  4. 3枚以下の切手:日露戦争凱旋3銭・飛行試行1.5銭・郵便創始高額2種・皇太子帰朝高額2種・大正銀婚高額2種・UPU高額2種・赤十字(4種とも)・紀元2600年高額2種・鉄道70年・大東亜戦争・靖国神社・関東神宮
  5. 1枚もなかった切手:裕仁立太子礼10銭・飛行試行3銭・関東局30年(3種とも)・満州国20銭

戦前の記念切手の内、1000万枚以上発行されたものは13種類ありますが、どれも沢山でてきました。一方でほとんど出てこなかった切手は、飛行試行や立太子礼10銭、それと戦争直前の切手でした。また日本でほとんど発行されず、発行数も少ない関東局始政30年が出てこなかったのはある意味当たり前かもしれません。

とりあえずは各切手の在庫を増やして、その上で製造面などを見ていってみようと考えています。

 

関連記事
[ 2012年05月17日 15:43 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索