FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  令和元年の和欧文機械印

令和元年の和欧文機械印

和欧文機械印は、平成で絶滅せず、令和元年でもまだ生き残っているようで、本日到着した官製葉書には、成城局の和欧文機械印が押捺されており、思わずニンマリしてしまいました。

差し出し元はスターオークションの運営元の日本郵便文化振興機構さんで、内容(5/25開催予定のオークションの開催日を6/29に変更する旨)から考えると全会員宛で大量になる為、当然機械印による引受になるのですが、和文印ではなく和欧文機械印が使用されたものです。

印影を見ていただくとわかる通り、かなりボロくなっています。機械本体が逝くのが早いか、証示部が壊れるのが早いか、もしくは他局へ回すことになるのか、何れにしても次の元号までは持ちますまい。。。

令和の官製葉書の和欧文機械印使用例は、後世になるとなかなか見つけにくくなると思います。入手されました方は是非大事になさってください。


20190523_01.jpg

62 Yen postal card tied by bilingual machine cancellation
SEIJO to Tokyo, 1 / 19.5.22 8-12
関連記事
[ 2019年05月23日 17:26 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索