FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  8フレームの富士鹿風景

8フレームの富士鹿風景



明日から開催されるシンガポールのアジア展に、富士鹿・風景切手を出品します。
これは昨年5月にイスラエルで開催された世界展に初出品し8フレーム拡張資格を得た作品(88pts.)を、まさに8フレームに拡張して(アジア展ではありますが)初出品するものです。

富士鹿・風景切手は、長らく8フレーム化はおろか5フレーム化も難しいと考えられ、国際展に挑戦された先人も、長野の林国博さんだけでしたが、その林さんをはじめとする皆様にご支援いただき、製造面のオリジナルスタディを磨いて作成した作品です。シートを始めとする大型マルチプルが多めですが、オリジナルスタディの10面/25面素版を示すPFに赤線をつけるなど、スペースフィラーにならないように留意しました。

実は今回の展覧会は、開催期間中にはほとんど会場に行けないため、先日日本国コミッショナーの山崎好是さんにコレクション運搬(往復)のお願いをしてきました。ただ、この展覧会は欧米の先進的な展覧会と違ってインターネット上での情報提供がほとんどされておらず実感を感じていなかったのですが、今日になって思いがけないことに、シンガポール人の友人から『キミの作品を展示したよ!』との連絡と共に、本ブログポストに投稿した写真が送られてきましたので、ご紹介いたします。

写真を見ると、私の8フレーム作品は、最初のフレームから最後のフレームまで一列に並んでいるようで、フレームごとの展開に留意した出品者としては嬉しく思ってます。(ただ、これはセキュリティが悪く、悪名高いNYフレームですね・・・。メインコレクションを展示するのは若干戸惑います。)私が現地に行けるのは数時間かと思いますので、8フレーム化に初成功したことを喜んだ、記念写真を取る時間ができれば、まずは良いなと思っています。

関連記事
[ 2019年07月30日 21:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索