FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  未分類 >  郵政省発行、郵便線路図

郵政省発行、郵便線路図

昨日のいずみ切手研究会の定例会で片隅で売られていた書籍にひと目見ただけで欲しくなる物がありました。昭和27年7月改正の郵便線路図です。(1952年、当時の郵便料金は書状10円、葉書5円)

日本全国の地図に図のように郵便線路が描かれており、1952.7月から一定の期間のものではあるものの、その前後も恐らくこうであったろうという推測がしやすい作りとなっています。なかなか良い書籍を買わせていただきました。昨日一番の収穫でした。
20200120_1.jpg
関連記事
[ 2020年01月20日 08:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(11)
郵便路線図昭和27年
大変良いものてにいれましたね。昭和27年といってもまだ明治以来の路線のインフラがほぼそのままと思われ、明治時代の路線図と比較検証ができると確信します。これは、貴のとこれで復刻できませんせんか
[ 2020/01/20 09:51 ] [ 編集 ]
それは考えていませんでしたが、確かにいいアイディアですね。
長田さん、いいアイディアですね。著作権の確認、変形図版の処理、版サイズ、スキャン精度など検討しなければならない事項がたくさんありますが、時間ができた際に考えられたらと思います。ただ単行本出版予定がちょっと溜まっていますので、いつになるやら・・・です。笑。やるやる詐欺になるのは避けたいので現時点では弱気なコメントでご容赦ください。
[ 2020/01/20 10:36 ] [ 編集 ]
お願い
発行、お願いします。
[ 2020/01/20 11:04 ] [ 編集 ]
うーん、岡藤さんからも。。
実は今月末に、なかなか良い単行本を2冊発行します。その後には南方占領地カタログがいよいよ発行となります。外国切手カタログや消印関係のハンドブックも予定されているほか、リーフ作りの書籍も準備中。雑誌関係も郵趣記事索引やスタンプクラブ 、フィラテリックジャーナルを出さないといけないので、なかなか入れるのが難しいんですが、長田さん、岡藤さんからの要望は優先順位を高くする必要性を感じますねぇ。。。いつもブログを見ていただいてありがとうございます。
[ 2020/01/20 12:57 ] [ 編集 ]
良いですね!   
良いですね!復刻するべきでしょう。私は明治時代のものしか持っていません。
[ 2020/01/20 16:15 ] [ 編集 ]
著作権は大丈夫なんですかね?
うわー。石田さんまで。。これは真剣に考えないとダメかもしれないですね。あと数人のコメントがきたら本当に優先順位あげるかもしれません。ところで、そもそもなんですが、著作権とかは大丈夫なんでしょうかね?発行は郵政省、印刷は凸版印刷ですが、著作権表示は一切ないのです。1952.12.1発行です。著作権保護期間の70年を考えると2022.12.1ですが・・・。郵政省だとそれはないのかな?ちなみに地図部分にゼンリンとかのCは入っていないので、地図については郵政省独自のものと考えてよさそうです。
[ 2020/01/20 16:20 ] [ 編集 ]
著作権の確認は必要かと
政府の刊行物であっても、一般に周知させることを目的として作成されたものでないとすると、著作権の確認が必要でしょうね。
[ 2020/01/20 17:00 ] [ 編集 ]
石田さん、今度教えてください。
>政府の刊行物であっても、一般に周知させることを目的として作成されたものでないとすると、著作権の確認が必要でしょうね。

石田さん、今度教えてください。よ。
[ 2020/01/20 19:10 ] [ 編集 ]
著作権関係
吉田さん、メールしておきました。
[ 2020/01/20 23:06 ] [ 編集 ]
郵便路線図について
皆さん落ち着いて、落ち着いて。。。
国会図書館のHPの国立国会図書館デジタルコレクションで郵便路線図を検索すると同様の図書が79件あり、『帝國日本驛逓區畫郵便局郵便線路之圖. 第2号』(1883)~『郵便線路図. 昭和38年7月改正』 までがデジタル図書として公開されています。『郵便線路図. 昭和27年7月改正』もあります。
PDFとしてダウンロードもできます。
[ 2020/01/20 23:21 ] [ 編集 ]
frostさん、ありがとう
あーPDFでよければそういう手もありますね。そういう特集をTPMで描こうかな。
[ 2020/01/21 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索