FC2ブログ

Stampedia founder's blog

オンライン世界切手カタログ「スタンペディア」創始者のブログです。
Stampedia founder's blog TOP  >  日本通常切手

富士鹿赤8銭:第1期(震災前製造分)の発売局は?

1922.1.1に発売されたものの、田沢8銭灰が売り切れた局以外では発売されず、1923.9.1の関東大震災で全在庫と印刷版が消失してしまったと言われる、富士鹿8銭赤 第1期(震災前製造分)ですが、実際に発売された局はどこだったのかを調べています。

昔から販売局として報じられ有名だったところでは長崎(1922.3月)と横浜(1922.5月)があります。先日私が輸入した京橋局(1922.3月)は到着印もしっかりした一般外信便ですが、これまでに報じられたことはなかったと思います。

それ以外に、見つけたら買うようにしているのが私製葉書です。ほぼ確実に絵入り葉書で、表に切手が貼ってある方が競争展の展示という観点からは良いのですが、裏に貼られていることから垣間見える事情に今回気づきました。
2018年03月26日13時24分35秒
2018年03月26日13時24分22秒
2018年03月26日13時24分09秒
2018年03月26日12時54分43秒

1922 8 Sen, the first impression frankngs
NIKKO to Conn. / USA 11 8 5 (1922)
HIROSHIMA to Cal. / USA 13 3 17 (1924)
NARA to Ontario / Canada 12 6 16 (1923)
KIOTO to Ontario / Canada 21 6 23 ( Taisho 12 )

日光、広島、奈良、京都・・・。これって全部、日本の有名な観光地ですよね。米国人やカナダ人宛に送られた絵製葉書。これって外国からの観光客が観光地で絵葉書を買って、その場で切手を求めて貼ったのでは?というのが私の勝手な推測です。ひょっとして、絵葉書を販売している、観光地のど真ん中に、切手取扱所や臨時売店みたいなのがあって、そこでは、本局に在庫のある田沢8銭灰を出さずに、富士鹿8銭を売ったのでは?という仮説を立てました。

昭和11年から発売される、国立公園切手は、富士鹿・風景切手といった当時の世界の風景切手( landscape issue )の流れを受け継いだ切手で、ある意味、観光地では積極的に販売された事情もあります。そのようなマーケティング活動は国立公園切手が発行されて初めて行われたのではなく、1922年シリーズ発行当時からの試行錯誤の末に改善していった結果でしあれば、良い成果も得られるでしょう。

当時の写真とかあればいいんですけどね。観光地だから意外と残っているかもしれないですね。さてこの仮説はあっているでしょうか。売っている切手までわからなくていいので、売店が出ていたことがまずは知りたいですね。あと、
日光、広島、奈良、京都以外の観光地の使用例もあったらいいなぁと。
[ 2018年04月05日 13:23 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(1)

富士鹿赤8銭:初期製造分(震災前製造)と欧文機械印の組み合わせ 東京編

何回か話が続きますが、1922年シリーズ8銭赤 初期製造分(震災前製造)と欧文機械印の組み合わせで東京があるかどうかです。


この時期、欧文機械印TOKIOは、incoming mailに押されることも多く、差立専用でなかったという事実が、マルコフィリーの観点からはあります。ただ、差立便への押印は珍しいとまでは言えず、以下のようなマテリアルはオークションで一万円前後でよく落札されています。田沢切手8銭はかなり売れ残っていたはずなので、まずはこれを売りさばこうとしたのでしょう。
2018年03月26日12時55分59秒

1919 issue 8 Sen
tied by r.l.m.c.
TOKIO to Cote d'Or / France 20 JUN 1922 (Taisho 11)
8 Sen for surface post card
this r.l.m.c. is classified into six wavy lines indicatione JAPAN as country name, TOKIO type I



より使用量の多い他の2額面(4銭、20銭)は、1922年での欧文機械印がポツポツしようされだしており、発行初年度使用例でさえ、幸運だと1万円を切る金額で入手できます。以下のマテリアルはおそらく売主が発行年を意識しなかった値段だと思います。
2018年03月26日12時56分27秒

1922 issue 20 Sen
tied by r.l.m.c.
TOKIO to Cote d'Or / France 15 AUG 1922 (Taisho 11)
20 Sen for surface letter
this r.l.m.c. is classified into six wavy lines indicatione JAPAN as country name, TOKIO type I



ところで東京では8銭赤は(木村梅次郎は除いて)販売されていなかったのかというと、必ずしもそうとは言えないのです。以下は、先日執筆した、富士鹿8銭赤の初期使用例ですが、京橋局、発行年3月の使用例があるわけですので。
2018年03月07日11時31分32秒
ですから、まだまだ可能性はあるかなーと思っています。


そもそも、時期を震災前製造分に限らなくても、8銭赤の欧文機械印TOKIOは未確認です。これは震災により東京の欧文機械印が受けたダメージと関連があります。震災時に使用されていたType Iは、震災でひどく損傷しましたが、修理して翌年使用されたことがわかっています。ちなみにその使用期間は1924.1.14かあら1924.5.1で、ごく限られた郵便物にのみ押捺されています。

その後、Type IIが出現する1926.2.2まで東京では欧文機械印が使用されないのですが、その間に外信葉書料金は8銭から6銭に改定されてしまうのです。

つまり、富士鹿8銭赤と欧文機械印TOKIOに関しては、第1期を見つけない限りは入手可能性はほぼない(白耳が1924.4月発行ではあるものの・・・)と言って良いでしょう。この珍しさは万人ウケするものではないので、展覧会の展示には必ずしも必要とは言えないのですが、研究家としては興味が大きいですね。
[ 2018年04月02日 12:57 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)

富士鹿赤8銭:第2期、神戸の欧文機械印

数日前に、1922年シリーズ8銭赤 初期製造分(震災前製造)と欧文機械印の組み合わせの記事を描いた時に見つからなかった、神戸の欧文機械印の単貼り葉書が出てきました。もっとも珍しい初期製造分(震災前製造)ではなく、1924年4月以降に登場した新しい実用版で印刷された第2期(白耳)のものと推測しています。(1925年4月には第3期が出現していてもおかしくないのですが、初月なので可能性は小さいかなと)

神戸の欧文機械印は複数の色を使用しているのですが、紫と赤の切手は綺麗に合いますね。ただ神戸の欧文機械印は磨耗が激しいのでも有名で、この消印も御多分に漏れません。まぁこの時期のType Iで磨耗していない印影があったら、墨入れと疑った方が良いと思うので、ある意味正解なのです。証示部の重要データが完読できるだけ幸運だったと思って入手したものです。

ちなみに8銭赤を台切手にした、東京の欧文機械印は、どの製造時期のものも未確認です。都内の郵便局のそのほかの消印の使用例は見かけるので、あってもおかしくないのですが、やはり欧文機械印は常時使われていなかったのかもしれず、見かけません。


2018年03月26日12時36分46秒

Single frankings of 1922 issue 8 Sen
tied by r.l.m.c. in purple, inverted set of c.d.s.
KOBE to Sachsen / Germany, 12 APR 1925
8 Sen correctly paid for surface post card
The cancellation is classified into r.l.m.c. with 6 wavy lines and JAPAN as an indication of country name,
KOBE type I


参考までに、横浜と長崎を並べます。
2018年03月15日17時28分15秒_002
2018年03月15日17時28分15秒_001
[ 2018年03月30日 12:36 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)

富士鹿赤8銭:発行年5月の米国宛書留(印刷物重量便)

しばらく前のスターオークションに富士鹿8銭赤の発行年5月使用例が出品されていました。消印は薄く拡大画像を見てようやくわかる程度なのですが、オークション側では気づいていたようで、ディスクリプションには発行年であることが明記されていました。
7500円とスタート値は、このマテリアルにしては高かったのですが、裏面画像を送ってもらい、米国到着印(JUN 10 1922)がクリアだったことから入手を決めました。
その後に、欧文機械やらウラジオストック宛やらが出てきてしまったので、今後コレクションに入れるかどうかは未定ですが、とはいえ木村梅次郎発でない、この時期の赤8銭の使用例は数えるほどしか私は見たことがありません。

2018年03月20日17時26分50秒
2018年03月20日17時27分00秒

Franking of 8 Sen and 20 Sen, the first impression of the 1922 issue
tied by roman letter c.d.s. in purple
YOKOHAMA to Illinois / USA via Chicago, 29 5 22
28 Sen correctly paid for double weight registered printed matter.
[ 2018年03月25日 17:27 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)

1922年シリーズ8銭赤 初期製造分(震災前製造)と欧文機械印の組み合わせ

富士鹿・風景切手の伝統コレクション作りで最も難しい1922年シリーズ 8銭赤の初期製造分の代表的な使用例は外信葉書です。ただ田沢8銭の在庫が十分ある上に、外信私製葉書用切手の需要が小さかったことから、それすらもありふれたものではなく、見かければなるべく買い求めるようにしています。

大正時代は絵葉書が流行していたこともあり、裏面に8銭切手を貼り付けた外信私製葉書もよく見ますが、伝統郵趣の使用例として「この一枚が至高」と言える外信私製葉書の使用例を見せるのであれば、難しいながらも吟味したとは言えない普通の裏貼り使用例は避けたい。

となると、チョイスのポイントは(1)初期使用か?(2)消印が特殊(3)到着印なども含めてルートが特殊(4)見た目が美麗、といったところになろうかと思います。混貼りも含めた1922年シリーズ 8銭赤の最初期使用としては1922年1月まで遡ることができますが、それも含めて上半期ですら数えるほどしか目にしたことがありませんので(1)の点では4-6月あたりを一つの目標にしています。

(2)については、手押し印よりも1920年12月から一部の局に導入された欧文機械印が、印影が美しいという点も含めて最も良いと考えています。そんな中先日のジャパンスタンプオークションで、横浜と長崎の1922年消しが登場し両方揃えることができたのは幸運でした。特に長崎は1922年7月の使用例であり気に入っています。

香港宛てもその次の?(Zeeland??)宛ても到着印が押されていないので、(3)の点では不満が残りますが、普通葉書では仕方ないのかもしれません。多少茶けてはいるものの(4)の美観も満たしていると言えましょう。

願わくば、あと神戸と東京も入手して、欧文機械印を4局コンプリートしてみたいですが、ちょっとハードルは高いかもしれません。この二局の震災前の欧文機械印の押された外信私製葉書には大抵の場合、田沢8銭灰が貼られているため、両局では富士鹿8銭赤を販売していなかったと考えているからです。ただ東京における木村梅次郎差し出し使用例はそれなりの数が発見されていますので、彼が外信単貼りも作っていないかなーと淡い期待をしています。

2018年03月15日17時28分15秒_002
2018年03月15日17時28分15秒_001

Single frankings of 1922 issue 8 Sen, the first impression
tied by r.l.m.c. with 6 wavy lines and JAPAN as an indication of country name
NAGASAKI to Hong Kong, 10 JUL 1922
YOKOHAMA to ? 15 SEP 1922
8 Sen correctly paid for surface post card
[ 2018年03月20日 17:29 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(3)

富士鹿8銭赤の初期使用例

ある人が「富士鹿切手をどれくらい理解しているか?」は、「どの富士鹿切手が最も収集が難しいか?」を質問するとわかります。

一般的には、1929年シリーズの「改色切手・DIE I」 (日本のフィラテリーでは「旧版」と呼称されることが多い)と回答する人が多いでしょう。これはカタログ値が高いことからも有名な難しい切手です。

メインナンバーごとに使用例を含めて収集していった人だと「1937年シリーズ毛紙20銭青」と回答するのではないでしょうか。発行期間が短く、20銭紫が残っている間に白紙に変わってしまった局もあるようで、使用局も限定され、使用例の種類も限られます。

では競争展に伝統郵趣に取り組むレベルまで理解している人だとどう回答するかというと「1922年シリーズ8銭赤の震災前製造」と回答すると思います。先日、天野さんと話す機会があり、全く同様の事をおっしゃっておられました。さすが天野さんです。

先ほどの2種類の切手は、数万円程度〜のお金で解決できる切手です。セミクラシックですから、100万円クラスのものなんてなかなか存在しません。複数枚貼りだって市場には出回っています。このようなシリーズで難しいのは市場評価が高くないにも関わらずほとんど存在しないtreatment上のキーとなるマテリアルの入手です。

伝統郵趣できちんとコレクションを作っていこうとして、当時の販売・使用状況をみていくと、1922年シリーズは発行されてから暫くは田沢切手の在庫消化が優先されて一部の例外を除き郵便局で販売されないうちに関東大震災で全部燃えてしまい、印刷版まで燃えてしまったので、震災前の第1期製造分と震災後の第2〜4期製造分は、意味合いが大きく異なります。見た目で目立つ「白耳」は実はさほど珍しくなく、3期、4期と見た目があまり違わない1期の銘版は大変珍しいことになります。

3額面の中でも8銭赤は、未使用・使用例共に、私も滅多に出会う機会がなく、多少状態が悪くても入手機会を逃したくないマテリアルです。第1期である事を証明するには、銘版付きマルチプルか使用例であることが望ましいのですが、単貼り外信葉書以外のマテリアルはなかなか入手できません。そんな中、発行年4月の使用例を入手できましたのでご紹介いたします。

2018年03月07日11時31分32秒

書状左部に「浦塩行」と書いてある通り、ウラジオストック宛です。1922年はソビエト連邦成立の年ですから、混乱もありなかなか面白い宛先ですが、このカバーは数万円の安い方で入手できました。宛先以外のポイントは、本書状が一般商用便だということです。富士鹿切手は日本のフィラテリーで初めて発行中にプレミアムがついて販売された切手で、木村梅次郎が取り扱っていたことが知られています。木村は富士鹿切手の使用例を意図的に作っていたようで、残存数少ないながらも木村関連カバーが半分以上を占めます。このような状態ですので、木村関連カバーでないだけでも意味があるのですが、さらに一般商用便であることが、私が本カバーを強く欲しいと思った理由です。


Mixed franking of 1922 issue 8 Sen with other stamps
tied by black c.d.s. with a roman letter c.d.s. in blue beside
KYOBASHI to Vladivostok, Russia via Tokio 11 3 29 (1922)

40 Sen correctly paid for registered letter, 20 for letter and 20 for registration fee.

[ 2018年03月07日 12:05 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(2)

風景10銭の多数貼り

風景10銭の多数貼りとして購入しました。14枚貼りを持っているので枚数では負けるのですが、ホテルの私製封筒との色のバランスが綺麗で、コレクションを作る上でのvisual impactがあるかなぁと思い、入手してみました。

戦前の航空便は、料金解析のしがいがあるマテリアルが多いですが、本マテリアルもその一つです。
封筒の上部には地名がぺんで抹消された Per Avion via Hong Kong, Indoshina, France, ?????と書かれていますので、最初は、その航路の航空便での差し出しを考えていたのでしょう。

しかし、実際には左下にあるようにOsaka-Hsinking(赤ペン書き)Per avion de Chita et au dela(紫のhandstamp、チタ以遠は航空便)に改められ、確かにHsinking の欧文櫛型印(紫INPO) 27.3.37(昭和12)が押捺されています。料金的にも日数的にもこちらが合理的と考えたのでしょうか。

2017年09月02日23時30分56秒_011

1926 10 Sen, block of ten, tied by c.d.s
KOBE CPO to Davos Platz, Switzerland, 12.3.24
1 Yen paid, 35 for airmail fee between Osaka&Hsinking,
60 for airmail fee of Chita-Moscow-Berlin-Geneve


私がすでに展示に使っているマテリアルはこれ。貼り付け枚数は多いし、決して悪くありません。欧文櫛型印がタイしていないのですが、連合の鑑定書付きですので、この点もクリア。宛先の一部が消されているのですが、さほど気になりません。両マテリアルともスペースを取るので、どちらを一軍に上げるか悩みどころです。

S__51363930000000000----------000000.jpg

1926 10 Sen, 14 times franking, tied by roman letter c.d.s in purple
OSAKA to Ecuador, 14 4 36 (Showa 11)
1 Yen 40 Sen correctly paid for airmail letter to Ecuador, 10 for letter and the rest for airmail fee.
The route to Ecuador is between US-Cristobal-Guayaquil



[ 2017年10月10日 07:15 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(0)

50円切手多数貼り対決

伝統郵趣で単貼りの対極に位置する多数貼り。
悩ましいのは多く貼っていることだけが展示にとって正解ではないということです。

一つ目。
9枚貼り。書留扱いで、NIHONBASHIの書留ラベルと、赤インク「REGI-TREATED」が押捺されていて派手。でも宛先がありふれた米国というのが貼ることを躊躇させます。動植物国宝の展示では、なるべく米国宛ては少なくしたいんですけどね。何よりも難易度が上がります。
2017年08月28日23時05分48秒_003

1952 50 Yen, nonuple franking tied by roman letter c.d.s
NIHONBASHI to Chicago, US 22 IV 63 ( Showa 38 )
450 Yen correctly paid for airmail registered letter to USA of the weight between 40g and 50g,
80 for quadruple weight second zone letter per each 10g, multiplied by five, and 50 for registration fee.



二つ目。
8枚貼りと一枚分少ない。特殊取り扱いもされていないので、カバーは地味。
ただしバラがわちゃわちゃ貼ってあった一つ目の9枚とは異なり、田型がしっかり貼られている上に、宛先がフランス。どちらにするか悩ましいですね。
2017年08月28日23時05分48秒_004

1952 50 Yen, octuple franking tied by roman letter c.d.s
KANAGAWA to Lyon, France 23 V 64 ( Showa 39 )
400 Yen correctly paid for airmail letter to France of the weight between 30g and 40g,
100 for quadruple weight third zone letter per each 10g, multiplied by four.

[ 2017年09月08日 23:31 ] カテゴリ:日本通常切手 | TB(0) | CM(2)

2017 62円往復葉書「郵便はがき」表示 料金変更前の使用例

5月末に作った葉書を先日回収してきました。
今年の5/15に発行された62円往復葉書は、郵便取扱規約上は「郵便往復はがき」と表示しなければならないところを「郵便はがき」と誤って印刷してしまい話題となりました。この使用例は、発行目的から言えば、6/1の郵便料金変更(葉書52->62)後のものが適正なのですが、直前期間の半月の使用例は超現行収集家としては抑えておきたいところです。
ちなみに往復葉書の速達は、往信よりも返信の方がはるかに少ないと行徳国宏さんからお聞きしました。私も同感です。
2017年08月08日12時48分02秒_004

2017 62 Yen reply postal card with "Normal postal card" description uprated and tied by c.d.s.
GINZA to Sapporo, 29.5.31 (2017) then returned to the sender.
332 Yen correctly paid for express post card, 52 for postcard and 280 for express fee.
[ 2017年08月24日 13:04 ] カテゴリ:超現行 | TB(0) | CM(0)

風景2銭50枚貼り 英国宛て航空書状 昭和10年

風景切手の大先輩からお譲りいただいたカバーです。

風景2銭は大好きな切手なのですが、ここまでの多数はりは持っていなかったので、大変嬉しく思っています。往時の航空書状料金は計算が難しく、本使用例もちょっとわからないところが多いのです。例えば英国宛て航空書状の夏季料金は20gごとに60銭なのですが、それだけでは料金が合いませんし、HSINKING(新京=長春)の欧文櫛型印(紫)も気になります。このあたりの計算は日専の後ろにある料金表だけでやると失敗するので、事例の掲載されたハンドブックも合わせて読み解いて見たいと思います。

いずれにせよ、このマテリアルの展示は、フレーム数の制限が5のうちは難しいと思います。私の「富士鹿・風景」は海外で8フレームで展示したいと考えていますので、その時までに解明できればと思います。

2017年08月08日13時45分52秒_002
2017年08月08日13時45分52秒_003


1926 2 Sen DIE II, 50 times franked with nenuple 6 Sen and a vertilcal pair of 1 Yen tied by c.d.s.
OSAKA-NISHI to London via HSINKING, 10.7.5 ( 1935 )
3 Yen 54 Sen franked for airmail letter to England of the weight between 45g and 60g,
10 + 6 x2 for triple weight surface letter (40-60g),
35 x4 for airmail fee between Japan and Manchuria of 45-60g
and 60 x3 for airmail fee to England of 40-60g.


[ 2017年08月20日 13:45 ] カテゴリ:富士鹿・風景 | TB(0) | CM(2)
このブログの筆者

スタンペディア

Author:スタンペディア
オンライン世界切手カタログを作っています。

スタンペディアの出版物
ブログ内検索